2010年01月23日

小沢氏聴取、23日に決定…4時間ほど予定(読売新聞)

 東京地検特捜部による小沢氏の任意の事情聴取の日程が23日に決まった。

 小沢氏側の関係者によると、4時間程度の聴取が予定されている。

 特捜部は、土地取引の経緯や、同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)(逮捕)とのやりとり、土地代金に充てた4億円の原資などについて聞くとみられる。

おじいちゃん、おばあちゃんの孫への援助は年間75万円(産経新聞)
「水谷建設から接待」 大久保容疑者 1億円受領は否定(産経新聞)
<転落死>9階手すりで度胸試し 高1男子足踏み外す 那覇(毎日新聞)
<交通安全大会>年間スローガン 内閣総理大臣賞など表彰(毎日新聞)
<センター試験>インフル対策万全? 予備校、会場ピリピリ(毎日新聞)
posted by キクタ ヒデツヅ at 16:36| Comment(9) | 日記 | 更新情報をチェックする

芥川賞・直木賞 選考経過(産経新聞)

 14日に発表された第142回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)。芥川賞は11年ぶりに該当作なしだったが、直木賞はダブル受賞となった。東京・築地の料亭「新喜楽」で行われた選考の過程、講評を紹介する。

                   ◇

 □芥川賞 該当作なし

 ■池澤氏「一本強いものが足りない」

 芥川賞の選考は約2時間に及んだが、11年ぶりの「該当作なし」との結果となった。選考委員の池澤夏樹氏は、報道陣を前に「せっかくこんなにお集まりいただいたのに、残念なことに賞は出ませんでした」と苦い表情で選考経過を明かした。

 1回目の投票で、票を獲得できなかった羽田圭介『ミート・ザ・ビート』と支持1人のみの大森兄弟『犬はいつも足元にいて』の2作が圏外へ。残り3作で討論と投票が2度繰り返されたが、次第に各選考委員の間で3作への評価が弱まっていったという。池澤氏は「今回の5作はいずれも小説を書くこと自体が前提にあるようで、一本強いものが足りない印象を受けた。だが、これで今の日本文学は不調であるという結論には達してほしくない」と講評した。

 藤代泉『ボーダー&レス』は「在日コリアンの問題をゆるやかにとらえた今の時代の小説」と評価する声が上がった一方、「全体としてさわやかすぎるし、(男同士の友情が)ボーイズラブ的。終盤で差別を丸め込むようなアンフェアな言葉が出たのは致命的」との意見もあった。

 松尾スズキ『老人賭博』は「登場人物全員が役割を持っており、安心して読める」と選考委員6人が消極的な支持を表明したが、「弱者の失敗を笑うタイプの小説。安全な場所にいる語り手に倫理的に嫌な部分が残る」との批判があったという。

 舞城王太郎『ビッチマグネット』は「成長小説としてよくできており、倫理性も強い」と評されたが「文学として洗練に欠ける」「タイトルが嫌だ」といった辛辣(しんらつ)な感想も漏れたことを明かした。

 兄弟による共作として注目を集めた大森兄弟について、池澤氏は「純文学はあくまで一つの魂を書くもの。頭から否定はしないが、(2人で)できるなら良い作品を見てみたい」と評した。(三品貴志)

                   ◇

 □直木賞 佐々木譲『廃墟に乞(こ)う』、白井一文『ほかならぬ人へ』

 ■甲乙付けがたい2作

 直木賞が佐々木譲『廃墟に乞(こ)う』と白石一文『ほかならぬ人へ』の2作に決まったのは選考開始から約2時間半後。選考委員の宮城谷昌光氏が穏やかな口調で4回にわたった選考過程を説明した。

 初回の選考では辻村深月『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』と、葉室麟(りん)『花や散るらん』が脱落。2回目で道尾秀介『球体の蛇』、3回目では池井戸潤『鉄の骨』が外れた。残った2作はまったく同じ点数だったため、もう一度討議した結果、同時受賞ということになった。

 佐々木作品の受賞理由について、宮城谷氏は「前作の『警官の血』も含めた長年のキャリアと、小説の破綻(はたん)のなさ。習熟度が高く、読み終えたあと、何となしによかったと思わせる。そこにこの作品の持つ良さが表れている」とたたえた。白石作品は「文体および構成力がすぐれている。高級な文体を使い、高級な展開。テーマ、小説の作り方を含め、推す声が多かった」と高く評価した。

 3回目まで残った池井戸作品は「受賞2作と甲乙付けがたかった。読み手に大層分かりやすい。談合がどうして必要で、どうして悪なのか考えさせられるストーリー」としながらも、「人間関係などが少し弱い。それが文章の粗さとともに欠点とされた」と話し、受賞作には一歩及ばなかったとした。

 2回目で落ちた道尾作品については「訴えてくる力が弱かった。対岸の火事のようで、火の粉がここまで届いてこない」と評した。「期待している作家なので、もっといい作品で受賞してもらいたい」と、次回作に期待を込めた。

 最初に脱落した葉室作品について、宮城谷氏は「前回の『秋月記』はよかったが、今回は少し慌ただしい筆だった」と、作品としての粗さを指摘。辻村作品については「語り手の立ち位置が明示されておらず、会話でも誰がしゃべっているのか分からない」と、文体に問題があると話した。(磨井慎吾)

                   ◇

 ■芥川賞選考委員 池澤夏樹、石原慎太郎、小川洋子、川上弘美、黒井千次、高樹のぶ子、宮本輝、村上龍、山田詠美

 ■直木賞選考委員 浅田次郎、阿刀田高、五木寛之、井上ひさし(欠席)、北方謙三、林真理子、平岩弓枝、宮城谷昌光、宮部みゆき、渡辺淳一

首相「聴取受けるかは小沢幹事長の判断」(読売新聞)
党首討論開催、与党判断に委ねる…官房長官(読売新聞)
モノ言えば唇寒し?民主党 その中で横粂議員「勇気ある発言」(J-CASTニュース)
小沢氏書生から議員に=疑惑報道に疲労も-石川議員(時事通信)
産科医院前にヘソの緒ついた赤ちゃん置き去り 生後1、2日 千葉(産経新聞)
posted by キクタ ヒデツヅ at 08:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

<足利事件>92年12月7日の地検聴取テープ(3)(毎日新聞)

 ◇92年12月7日

 検事 今、裁判になっているのは真実ちゃんの事件ね。で、その前に万弥ちゃんの事件と有美ちゃんの事件があったわけだよね。で、今日、僕がここへ来たのはね

 菅家 はい

 検事 「私がやりました」というね、調書とっているでしょ。そのことについて、もう一回くらい聞こうかなと思ってね。本当に君がやったのかどうか、そこを聞きたいわけ。本当にやったのなら本当にやったということで構わない。やっていないんだったら、やっていないということで構わない

 菅家 ……本当言うと

 検事 うん

 菅家 いいですか

 検事 いいよ

 菅家 やってません

 検事 やってないの? どちらも? それとも片方だけ?

 菅家 どちらもです

 検事 どっちもやっていない

 菅家 昨年ですけども確か、12月でした。12月の日曜日でした。警察の人が来まして。自分は福居の和泉町(の借家)ですか、あそこにいました

 検事 え? 福居の?

 菅家 福居の和泉町に日曜日の朝居まして、自分が寝間着姿でいまして、あの、玄関から入ってきまして警察の人が

 検事 うん、それで

 菅家 警察の人が来て「今日、何しに来たか分かっているな」と言われたんです

 検事 うん

 菅家 それで自分……分かんなかったんです

 検事 うん、それで

 菅家 何がなんだか分かんなくて

 検事 うん

 菅家 首を……かしげたんですよね

 検事 はい

 菅家 「何しに来たか分かっているな」と言われましたから。で、自分は分かんなかったんです

 検事 うん、それで?

 菅家 写真を、真実ちゃんですか、真実ちゃんの写真を見せられまして。パチンコ屋さんの前に看板が置いてあるんです

 検事 看板というのは、この人を見かけなかったかという?

 菅家 そうです

 検事 ふーん

 菅家 看板に真実ちゃんの写真ですか、張ってあったのと同じだったんですよね

 検事 それで?

 菅家 この子、パチンコ屋さんの前に張ってあった写真と同じだなと思いました

 検事 うん

 菅家 それで、自分は何がなんだか分からなくなって……。それで警察へこれから一緒に行くからと言うんですよ。それで、自分行きました

 検事 うん、それで?

 菅家 その日は、もう夜中ですか、夜中まで自分はやっていない、やっていないと言いました。夜中までやってないって自分は言ってましたから、これ以上、10日でも、20日でもやっていない、やっていないと言ってますと、もしかして殴られたり、けられたりするんじゃないかと思いました。それで、自分がやったと話したんです

 検事 それで?

 菅家 それで、その日に、逮捕っていうんですか……されました

  【中略】

 検事 僕がね、今聞いているのは本当はどうだったのかっていうことでね、聞いているんだ

 菅家 ……

 検事 警察でどういう調べを受けたかじゃなくて、実際に事件はどうだったのかと、ね、いうことなんだよ

 菅家 はあ……

 検事 君がどうかかわっているのかね、かかわっていないのかね。そこを聞いているんだよ。分かる?

 菅家 分かります。話します。5月の12日にですよね、平成2年ですかね。その日、幼稚園ですか(仕事が)終わったのが1時半。1時半ごろうちに帰っていきました。そして、即席ラーメンですか、食べました。それから……確か2時半ごろ出たと思います

 検事 自宅をね

 菅家 それであの、パチンコ屋さんですか、あそこへ寄っていくつもりでいたんです。こないだ警察ではやりましたと話しました。だけど、やっていないんです

 検事 それで?

 菅家 福居の和泉町ですけども、あそこへ3時ちょっと過ぎだったと思いますけど、行きまして、窓開けまして、掃除したわけです

 検事 あっそう

 菅家 それで、あのう、5時過ぎだと思うんですけども、自分明かりをつけまして、大家さんの確か奥さんだと思うんですけども、あの人が毎日あそこ通るわけです。自分の借りてる家の横ですか、あそこ。5時過ぎになると、年中通ってます。5時過ぎには明かりをつけておいて、テレビをつけておいて、それでずっと見てました

 検事 ああ、それで?

 菅家 それで、あの夜遅く……ですか、11時ころですけども、寝たのは11時ちょっと過ぎです

 検事 あ、そうなの

 菅家 それから次の日ですか、10時ころですけども、福居の和泉町から出ました。それから、田中橋を渡って行きました。そうしますと、東側なんですけども、あそこに人がいっぱい居ました。それから中継車ですか、日本テレビの中継車だと思いました。その車が土手の上にありました。自分は何があったんだろうと思いまして。こうやって見ながら、人がいっぱい居るけどもどうしたんだろうと思いました。でも自分は、そのまま、家富町の方へ帰っていったんです。うち(実家)へ帰りまして、何か渡良瀬川であったのかいと聞いたんですけども、事情分かりません

 検事 ああ、そう

 菅家 これ本当です

 検事 ふーん

 菅家 本当今までうそをついていてすみませんでした(泣きながら)

  【中略】

 検事 あのね、万弥ちゃんの事件と、その後が有美ちゃんの事件、そしてその後が真実ちゃんの事件とね、三つの事件があるんだけど。結論から聞くけどね、どの事件にかかわっていて、どの事件にかかわっていないか

 菅家 話していいですか

 検事 ああ

 菅家 全然かかわっていません

 検事 全然かかわっていないの?

 菅家 はい。絶対言えます

 検事 ああ、そう

 菅家 はい

 検事 ……真実ちゃんの事件については、今裁判になっているわけだけど。君、裁判所ではね、この事件は間違いないと認めたでしょ

 菅家 はい

 検事 それはなぜ?

 菅家 やはり警察ですか、警察行って調べまして、それでまあ、さっき言ったように、夜遅くまで調べられました。それで、自分はやっていないやっていないと言ったんですよ

 検事 うん、うん

 菅家 だけど、全然認めてくれないんですよ

 検事 うん、うん

 菅家 自分はもう悔しくなっちゃったんですよ(涙声)。本当にやっていなかったのに

 検事 うん?

 菅家 本当にやってなかったんですよ。それで全然もう認めてくれなくて。それで夜遅くなってしまったんです。それで、あの、夜遅くなりましたから、これ以上10日も20日もやっていないやっていないと言うと、殴るけるとかされるんじゃないかと自分は恐怖の

 検事 分かった

 菅家 恐怖の……

 検事 それは分かった。それじゃあさ、裁判になってから認めたでしょ

 菅家 はい

 検事 なんで? 裁判になった時はさ、もう警察じゃなかったでしょ

 菅家 ……

 検事 裁判になった時は拘置所に移されていたでしょ

 菅家 はい。自分としては、警察でも拘置所でも同じような所と考えてたんです

 検事 あ、そう

 菅家 自分、分からないんです、何も

 検事 うん、だけどさ、君、弁護士さんにはなんと説明していた?

 菅家 弁護士の人には、万弥ちゃんとか有美ちゃんですか、やっていないと言ってました

 検事 真実ちゃんの事件は?

 菅家 それはやはり、自分はなんていうんですか、バカだからもう本当分からないんですよ

 検事 分からないというのは?

 菅家 弁護士の人でも、警察とか弁護士とかなんか同じように、同じように思っちゃったんですね、自分は

  【中略】

 菅家 本当に分からないんです。ほ、法律とか

 検事 法律のこととか言っているんじゃなくて、事実がどうだったかを、聞いていると思うんだよね、弁護士さんも

 菅家 警察の人が裁判の時はちゃんと話すんだぞと言うから、そのまま自分は言ったんです

 検事 だけどさ、いいかい、だけど、と言うかちょっと待ってね、あの、裁判でちゃんと話すんだぞっていうのは誰が言ったの? 警察?

  【中略】

 菅家 やはり、犯人とかそういうふうにされましたけども、だけどそうじゃないから、どう説明していいか分からないんですよ

 検事 あ、そう。君、裁判が始まったらどうするつもり? また裁判始まったら。今ここで言った通り言う? まだ決めてない?

 菅家 ……

 検事 どうする? はっきり決めてない? 弁護士さんには今ここで話したような話はするつもり? しない? そこは決めてない?

【関連ニュース】
足利事件再審:菅家さん「つらかった」 録音テープ再生
足利事件再審公判:聴取テープを再生 菅家さん否認の別件
足利事件:取り調べテープ再生 21日から再審公判
足利事件:菅家さん 古里の寺で除夜の鐘を突き年越し
死刑執行:09年は7人、08年から半減 現政権下はゼロ

検察幹部「小沢氏側は司法を軽んじている」(読売新聞)
鳩山首相が地方視察本格化へ=参院選意識、現場重視アピール(時事通信)
指揮権発動本当にないのか 千葉法相「一般論としてある」(J-CASTニュース)
<自民>外国人地方選挙権付与 反対活動強化へ(毎日新聞)
派遣で生活55歳の新左翼活動家、失業手当を詐取容疑(産経新聞)
posted by キクタ ヒデツヅ at 12:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。